軽自動車の車検でチェックしたいポイント

普通車と同様に、軽自動車でも定期的に車検を受ける必要があります。これは車両の保安基準が適合しているかの検査を受ける義務があり、合格することによって道路走行が可能となるというシステムです。普通自動車と軽四輪車ではもともと法律上での位置づけが違っていますので、受ける場所が違ってきます。普通車では運輸支局内の検査登録事務所運営の検査場で、軽四輪車では軽自動車検査協会運営の検査場となり、また、検査項目は同じになりますが下回りの検査については検査方法が大きく違っているなど、軽ならではのポイントがさまざま存在します。下回り検査においては、軽四輪車ではリフトアップさせた車両の下部に入って、検査官が検査を行います。これら以外にも軽の車検におけるチェックポイントがいくつかあります。

絶対必要となる費用や必要書類とは

普通車よりも費用が安く上がると言われる軽四輪車の車検ですが、点検・整備内容でも大きく変わってきます。新車で購入後は3年目、そのあとは継続検査として2年ごとに受けますが、整備等以外で法定費用として必ずかかる費用があります。この内訳は、自賠責保険(24ヶ月分で26,370円)・重量税(8,800円)・手数料としての印紙代(1,400円)となっていて、合計すると36,570円は法定費用として必ずかかる費用です。検査方法を代行にしたり自分でするなど、どんな方法であれ、この費用は同額となります。また、自分で検査場に持ち込んで行う場合に必要となる書類も普通車の場合とは書式が違っていたり、自動車税納税証明書も軽自動車税のものとなっている点も気を付けましょう。

受ける場所によって相場が違ってきます

検査を受ける場所は、自分で検査場に持ち込んで受ける以外では、ディーラー、検査専門業者、フランチャイズ業者、ガソリンスタンドなどがあります。ディーラーでは2年点検などの定期点検整備も含めてパックとして行う場合が多いため、他の方法よりも少し費用がかかりますが、純正パーツの使用や検査水準も高いため、クオリティや信頼度は高いです。タイミングチェーンを使っている最近の軽自動車は、走行距離7~8万kmでタイミングベルトの交換は不要となっていますが、同じタイミングで通常交換していたウォーターポンプ・アイドルプーリーといった付随部品に関しては、交換の必要が出てきます。新車で軽を購入した場合には、おおよそ3回目の車検にて、今までよりは費用が少し上がることも覚えておきましょう。