軽自動車の車検にかかる費用相場

自動車に乗る以上は法律に定められた車検を受ける必要があります。車検費用は軽自動車と普通乗用車によって変わってきますが、いずれも相応の費用負担が必要になります。このため高いと思う人も多くいると思いますが、その内訳を見れば費用を少しでも減らすことが出来ます。特に正規ディーラーなどに出すと丁寧に検査を行ってくれる反面で、それだけ費用が掛かります。自動車整備工場やスタンドの場合には若干安くなります。一方で大幅に安くなるのは自身で検査を受けさせるユーザー車検で費用が安くなる代わりに陸運局まで出向かなければなりません。いずれにしても支払うべき費用としては法定費用があり、法定費用分は用意しなければなりませんし、また回数によっても費用は変化していきます。

必要最低限の費用、法定費用とは

法定費用とは、必ず支払わなければならない費用のことです。軽自動車の場合の法定費用としては自動車賠償責任保険(自賠責)と重量税が課せられます。軽自動車の場合には24ヶ月(2年)が26370円で、重量税が8800円です。また陸運局に申請するための印紙代があり、印紙代として1400円が必要です。合計すると36570円であり、これが最低限の費用です。逆に言えば個人や誰か代わりに行ってくれた場合には陸運局に持ち込み検査を受けさせる場合には、36570円で行うことが可能です。ただし、古い自動車になるほど事前に調整を行わない場合には検査に通らないケースがあります。この場合には陸運局周辺にある整備工場などで費用を支払って、調整を行った上で再び検査を受けることになります。

受けさせる前に知りたい業者ごとによる費用相場

個人や代行者が行う場合で、問題なく検査に通れば法定費用だけで済みますが、一般的な業者に依頼した場合には整備費用や手数料が必要になります。それらの費用はディーラーの場合には3万円から5万円、自動車整備工場などの場合には3万円から6万円、フランチャイズ展開している専門業者であれば1万5千円から3万円程度です。また回数が多くなるほど消耗品の交換を行うなどして費用が高額になりますし、多くの場合には車検のついでに傷ついたボディを修理するといったことになるので、結果として10万円を超える出費となるのが一般的です。ただ近年はフランチャイズの専門業者では最低限の検査だけを行うことで費用を下げているところもあり、そのような業者の場合には5万円程度で検査を受けさせることができます。