軽自動車を車検に出す前にしておきたいこと

自動車を所有していると2年に一度の車検(継続検査)を受けることが義務付けられています。継続検査の有効期限は2年間であり、有効期限を過ぎてしまうと公道で自動車を走行させることは不可能となってしまいます。これは軽自動車であっても同様です。軽の場合には継続検査の検査場や検査証の発行場所が普通車と異なります。しかし、検査内容そのものは普通車と同じです。所有する軽を継続検査に出す際にやっておかなければならない事は、タイヤの確認とライト関係の確認です。これは誰にでもできる簡単な確認であり、継続検査でも重要な確認箇所となります。タイヤについては溝の深さが問題となります。また、ヘッドライトやテールランプ、ブレーキランプなどはひとつでも切れていると継続検査に合格することが出来なくなります。これらはディーラーや整備工場で交換してもらうよりも個人で調達・交換したほうが格安になる場合があるのです。

軽自動車も車検を受ける必要があります

自動車を所有していると、車検(継続検査)を受けることが義務となっています。継続検査の有効期限は2年間(新車登録後は3年間)となっており、この有効期限を過ぎてしまうと公道での使用が禁じられます。これは普通車であっても軽であっても同様です。検査内容は双方同じものとなりますが、検査場所が異なります。普通車が陸運局(国の管轄)で継続検査を受けるのに対し、軽の場合には、軽自動車協会(都道府県の管轄)で継続検査を受けることになります。さて、所有する軽を継続検査に出す際には、自分でやっておくべきことがあります。それはタイヤの確認とライト関係の確認です。これは見た目で確認可能なものであり、誰にでも行えます。ディーラーや整備工場に継続検査を依頼する場合でも、これらをやっておくと継続検査の費用が多少抑えられる可能性があります。

継続検査の前にタイヤの溝の確認とライト点灯確認はしておきたい

タイヤの確認は溝の深さの確認です。タイヤは新品の場合でおよそ8ミリの深さがありますが、これが一本でもスリップサインと同じ高さになると道路運送車両の保安基準を満たしていないことから継続検査に合格することが出来なくなります。この確認は見た目ですぐに可能です。また、ライトの確認についても実際に点灯させることによって確認可能です。特に普段実際に目にすることの無いブレーキランプの確認には注意することが必要となります。ひとつでもライトが切れていれば保安基準を満たさないことになります。タイヤおよびライトはいずれも消耗部品であり、継続検査の前に交換することが望ましいと言えるでしょう。交換の際には自分で交換することによって継続検査の費用を多少なりとも抑えることが出来ます。特にタイヤはホームセンターなどにおいてかなり割安で売られていることがあります。このように、所有する軽自動車を車検に出す前にはタイヤやライトの確認をしておきたいものです。それによって継続検査そのものの費用を安く抑えることが可能となります。